水洗い加工 メリット デメリット

クリーニング屋の水洗い加工とは?メリット・デメリットについて教えて

クリーニング屋の水洗い加工って?

宅配クリーニング 水洗い加工

クリーニングでは2種類のクリーニング方法があります。

 

・ドライクリーニング
・水洗い加工

 

一般的な家庭での選択法は「水洗い」での洗濯ですが、水洗いでは衣服のシワや型崩れが起きやすいので、デリケートな衣類だと傷んでしまう可能性が高くなります。

 

クリーニング店では水の代わりに有機溶剤を使用してクリーニングを行いますが、実はドライクリーニングは油汚れ(皮脂汚れなど)には強いけれど、水溶性の汚れ(衣服のシミなど)を落とす力は弱いと言われています。

 

水溶性の汚れとは一般的に汗汚れなどで、水溶性の汚れは水洗いでなければスッキリ落とす事は出来ません。その為ドライクリーニングだけではなく、水洗い加工で汗汚れなどを落として仕上げる方法があるのです。

 

水洗い加工のメリットってなに?

水溶性の汚れが落ちやすい

汚れ キレイ

一般的なドライクリーニングでは、衣服に染み付いた汗の汚れを落としきる事が出来ません。汗汚れなどの水溶性汚れは水洗いが一番落としやすいので、水洗い加工をする事で衣服の汗の臭いなどを除去する事が出来ます。

 

また、お醤油などのシミ汚れも水溶性汚れに入るので、ドライクリーニングよりも水洗い加工の方がしっかり落ちてくれます。

 

汗の臭いやシミ汚れが気になる場合は、ドライクリーニングの他に水洗い加工も一緒にお願いした方が良いでしょう。

 

水洗い加工のデメリットってなに?

水洗い加工の後にしっかり仕上げをしないとシワや型崩れが起きてしまう

衣類によっては水洗い加工が出来ないものもありますが、水洗いだと衣類の繊維が水分を含むので、シワや型崩れの原因になってしまうからです。

 

水洗い出来ない衣類に関しては、下処理などでシミや汗の汚れを落としたり…などの工夫が必要となってきます。

 

 

⇒デキル主婦におすすめの宅配クリーニングを徹底比較ランキング!